ゆらりんDAYS

シングルマザーのゆらりんです。ゆるっとした日常を送るための、努力の軌跡です。

持ちモノの総量を決めると、部屋も片付きお金も貯まる。

こんにちは!ゆらりんです。

 

今年の個人的なココロの目標は、

余計なモノをそぎ落として、今後の人生に必要なモノを知る

です。

 

これを達成するために、現在「1年間服を買わないチャレンジ」に取り組んでいます。

yuralin.beautifullady-nico.com

 

このチャレンジを行っている途中にわかったこと、それは

持ち物の総量を決めると、部屋も片付きお金も貯まる

ということです。

f:id:nico100project:20180209123936j:plain

 

モノに潰されていた、今までのワタシ

これまでのワタシは、「着ていく服がない」「モノが入るバッグがない」「これがあったら便利だろうな」などといいつつ、家には着ていない服や使っていないバッグ、もう使えるかどうかわからない家電などが山積みでした。

 

一昨年、それまで住んでいた借家よりも狭い家を建てて引っ越すときに、大量にモノを捨てたり売ったりしたはずなのですが、1年ちょっと暮らした現在、いつのまにか、モノがたまってきています。

 

これ、実際のワタシのクローゼットですが、もうビチビチに服が入っているのが見て取れると思います。

f:id:nico100project:20180209121153j:plain

 この状況なので、

服を取る→シワができる→その日着れない→しまい込む→シワができる

のヘビーローテーションが起こっています。

 

それでも

もったいない精神

が非常に強いワタシは、理由なくモノが捨てられません…

 

これでは

  • 服も可哀そう
  • ワタシも着るものがなくて/いつも新しい服を買うのでお金が貯まらず可哀そう

という、誰も幸せにならないことになってしまいます。

 

ということで、ココロを入れ替えて、

  • 1年間服を買わないチャレンジ
  • 断捨離

を進めていくこととしました。

 

断捨離に向けて、モノの総量を決める

断捨離も、まずは洋服から取り組むことにしました。

ですが、キッチン小物でもアウトドア用品でも、基本は一緒だと思っています。

 

洋服については、1年間服を買わないことで、

  • 着ている服
  • ほとんど着ないけど必要な服(オケージョン用など)
  • 着ているつもりだったけど、着ていない服
  • 全く手に取らない服

というのがある程度わかるはずです。

 

それを行いつつ、引き出しの中やクローゼットなどの収納を見渡し、

入れる場所と数

を決め、

  • 必要なものを残し
  • 不要なものを捨てる(もしくは売る)
  • 足りないものだけ買い足す

という手順を取ることにしました。

f:id:nico100project:20180209123106j:plain

これ、実際のワタシの引き出しのうちの1杯なのですが、現時点で、上のような分類で収納しています。

 

これ以上何かを入れたいときは、

中に入っているモノを1枚処分する

というルールにしています。

 

そうすると

  • 街でカワイイ洋服を偶然見つけても、
  • 予定外のセールでお得商品を見つけても、

衝動買いして予定外のお金を使う、ということがなくなります。

 

予定外のお金を使わなくなるので、出費のコントロールがつきやすくなります。

出費のコントロールがつくと、お金が貯まります!

 

※注意!ここで収納グッズを増やしてはいけません!

ここで一つ、大切なポイントがあります。

 

街ですごくかわいいスカートを見つけた!
でも、もうスカートの収納の枠はいっぱい…
でも、捨てたいスカートがない…

ということが、おそらく起こると思います。

 

そのとき、

入れるところがないなら、収納を増やせばいいじゃん!

という、悪魔のささやきに乗ってはいけません!

 

収納を増やす→それが満杯になるまでモノを増やす→収納が足りなくなる→収納を増やす→…

の無限ループがあなたを待っています。

 

まとめ

これからの人生のために、今年1年かけて

必要なものを見極める力を養う
(もちろん、モノだけではなくヒトも)

ように全力をつくします。

 

 

 

★断捨離といえば、まずこの本からでしょう。 断捨離の提唱者であるやましたひでこさんの作品です。