ゆらりんDAYS

シングルマザーのゆらりんです。ゆるっとした日常を送るための、努力の軌跡です。

「1年間服を買わない」チャレンジ、はじめました。

【PR】

こんにちは!ゆらりんです。

 

今年になって新しくはじめたこと、それは「1年間服を買わない」チャレンジです。

f:id:nico100project:20180122114816j:plain

 

今話題の「1年間服を買わない」チャレンジ、どこかでお聞きになったことがあるかと思いますが、簡単にまとめてみたいと思います。

 

「1年間服を買わない」チャレンジとは何か?

「1年間服を買わない」チャレンジとは、文字通り、

洋服を1年間購入しないで生活してみる

ということを指しています。

 

★イラストレーター/アーティストの松尾たいこさんがまとめたこの本は、「1年間服を買わない」チャレンジはじめたきっかけや心情の変化などがわかりやすいです。

クローゼットがはちきれそうなのに着る服がない! そんな私が、1年間洋服を買わないチャレンジをしてわかったこと

クローゼットがはちきれそうなのに着る服がない! そんな私が、1年間洋服を買わないチャレンジをしてわかったこと

 

 

☆CREAの特集記事にも詳しいルールが紹介されており、非常に参考になります。

crea.bunshun.jp

 

 

「1年間服を買わない」チャレンジ、どんな人がやっているの?

  • クローゼットには入れるとことがないくらい洋服が入っているのに、毎日着るものに悩んでいる。
  • 街や通販で可愛い服を見かけたら、ついつい買ってしまう
    (けど、家に帰ってよくみると「何か違う」感じがしてほとんど着ない、重症になると袋から出すことすらなく放置)

といった悩みを抱える方(女性がほとんど?)がやっています。

 

具体的な職種というかカテゴリーとして、

 

  • 断捨離・ミニマリズム系の人々

は何となくよくわかるのですが、(というか、それがまさに断捨離)

 

  • おしゃれ大好きな人、ファッション編集者など

など、意外と「お洋服を持っていること、そしてシーズンごとにクローゼットの入れ替えが必要と思われる人々」がチャレンジしているというのが面白いです。

 

 

「1年間服を買わない」チャレンジをすると、どうなるの?

私はまだはじめたばっかりなので、終わったときの気持ちはわからないのですが、松尾さんのブログから引用させていただくと

 

新しい服を買わない“ファッション断食”は、いまの自分に本当に必要な服を教えてくれましたし、自分らしく装うことの心地よさ、ファッションの楽しみを知ったから、買わないことが苦痛ではなくなりました。

 

(3ページ目)「1年間洋服を買わないチャレンジ」で 気づいていくこと、工夫すべきこと|松尾たいこさんの「1年間洋服を買わない」チャレンジ法|CREA WEB(クレア ウェブ)

 とのことです。

 

とどのつまり、

服を通して自分を見つめなおす

のが、究極的な目標なのだと思います。

 

「1年間服を買わない」チャレンジを始める前の私

去年までの私、結構グダグダで、まさに皆さんの本やブログのとおり

  • ほぼ毎週、〇ニクロやネットで服を買う
    (しかも計画性はなく、サイズが合う、色が好き、など、購入する理由もグダグダ)
  • 新築して引っ越してから1年なのに服がクローゼットに入りきらず、チェストを買い足し買い足し、それでも入らず洗濯ものは出したまま…
  • 自分がどう見られているか自信がなく、保護者会や仕事の懇親会などがあるたび服や靴・バッグを買う

といった、酷い有様でした。

 

こんな感じなので、借金も全然減らず…
子どもの学校の研修旅行などの大きな出費を工面するのに毎回苦労しています。

 

ふと家の中を見回して気がついたのは、

この家にあるものは、全て私のお金で買ったもの。
あんなに苦労して稼いだお金が、ほとんど着ていないあれらの服になったんだ…

と、本当に情けないことでした。

 

なので、2018年を良い年にするために

今年は服を買わない!

ということに決めました。

 

「1年間服を買わない」チャレンジ<ゆらりんルール>

 松尾さんの本やブログにもありましたが、どうしても買わざるを得ない場合もあるかと考え、以下のものは例外としています。

 

  1. 下着;これはそもそも1年くらいでヘタってしまう
  2. 消耗品と思われるTシャツ(特に夏の白T)など;伸びていると非常にだらしない印象を与える
  3. 靴・カバンなどの小物類
  4. セレモニー・仕事用のスーツ類

 

 

「1年間服を買わない」チャレンジの途中経過~3週間経過

 現時点ですでに3週間を経過。

まだ続いています。意外と何ともないです。

  • あんなに好きだった〇ニクロのチラシも、〇天のダイレクトメールも、ほとんど見なくなりました。
  • 何となく、クローゼットや靴箱に着ない・履かないものがあるのが嫌になり、引っ越しの際にも後生大事にとってあった毛皮のショートジャケットや10年もののコールハーンのジョッキーブーツなどを、以前から時々愛用しているブランディア宅配買取 で処分予定です。(ブランディア宅配買取 さんは意外と取り扱いブランドが多く、「こんなのもアリなんだ~」というマイナーなブランドでも引き取ってくれることがあります。)

 

今後も、定期的に経過を報告していきます。

まずは、先達に倣って「100日」を目指します!