中学受験

シングルマザーでも大丈夫だった!私立中学受験体験記

更新日:

私は、子どもが幼児期に離婚したシングルマザーです。

ですが、我が家の息子は中学受験を選び、無事第一志望の私立中高一貫校に合格しました。

今回は、そのときの経験を記事にまとめました。

我が家と同じく、母子家庭でも中学受験を検討したいと考えているご家庭の参考になれば嬉しいです。

母子家庭だけど中学受験を決めた理由

当初は、学区内の公立中学校に進学させる予定でした。

そのために、賃貸で家を借りるときには、評判の良い中学校区を選んだほどです。

小学生当時の息子の成績は、中の上程度。
決して成績優秀でもなければ、素行が良いわけでもありませんでした。

中学受験なんて全く眼中になく、塾にも通っていませんでした。

ところが、小学5年生の秋。

ある日突然、ある私立中高一貫校に行きたいと言い出したのです。

何でも、近所に実習に来ていたそこの生徒さんや先生と話す機会があり、楽しそうな様子にすっかり惹かれてしまったのだとのこと。

  • 学費の件
  • 母子家庭であることで引け目を感じる可能性の高いこと
  • 小学5年生から受験用の勉強を始めても、間に合わない可能性高いこと

などなど、何度も親子で話し合いを持ちました。

結果その場の思いつきではなく本人の意志が固いことがわかり、受験を許しました。

我が家が行った中学受験対策の勉強

詳しくは別記事にて解説しますが、我が家は個別指導塾への通塾を選びました。

この状況で、それまでやっていた野球を続けたいという本人の強い希望があったため、週4回通塾プラス週末の模試がノルマとなる一般的な中学受験対応の塾には通塾できなかったのです。

基礎があるお子さんの場合は、通信教育のみでもいけるのかもしれませんが、我が家の場合は無理でした...

合格はしたものの、反省点もたくさんあります...

我が子がかろうじて合格をいただけたのは、第一希望の学校専願であったことも大きく影響していると踏んでいます。

というのも、もともと「私立中学ならどこでも良い」というわけではなく「この学校に行きたい」というところ出発点だったため、対策もその学校の試験問題に絞って行うことができたのです。

  • 試験までの時間
  • 通塾回数
  • 基礎学力

など、中学受験に必要と思われる全ての要素が欠けていたので、複数校受験となると、手が回らなかったと思われます。

せめてもう少し基礎学力があれば、本人も親も楽だったとシミジミ思いました。

母子家庭には中学受験のための特別な対策が必要か?

正直なところ、両親が揃っているご家庭と比べるとハンデがあるのは否めません。

宗教的に離婚が許容されない場合

そもそも、離婚を許容していない宗教系の学校も多数あります。

そのようなケースでは、塾や在校生保護者の方を通じて綿密な情報収集と分析が必要であると思われます。

学費が安定して支払えるか?

また、母子家庭の場合、「学費を継続的に支払えるのかというのがポイントです。

実際に、面接でもそのあたりは遠回しに確認されました。

ですので、

  • 主たる学費支給者(母?)に十分な安定収入がある
  • 学費を払ってくれる裕福な祖父母(もしくは元夫)がいる

など、経済面での裏付けがあることを証明できることが大切です。

まとめ:母子家庭だから不合格ということはない!諦めず、できる努力をしよう。

ということで、我が家の経験からは、
母子家庭だからという理由で中学受験を諦める必要は全くない
ということがわかりました。

入念な情報収集と準備は必要ですが、お子さんを通わせたい学校がある方にとっては、努力する価値は充分にありますよ!

-中学受験
-,

error: Content is protected !!

Copyright© ゆらりんDAYS , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.