自転車本読書記録

【自転車本読書記録】〈坂バカ〉式 知識ゼロからのロードバイク入門 (SB新書)

更新日:

こんにちは☀こうままです。 お越しいただき、本当にありがとうございます("▽"*)  

最近、週末および木曜日(ジテツウ日!)になると天気が悪く、自転車に乗れず淋しい日々を送っています。

ついでに、子どもの部活の試合を見に行ったら雨に降られ、風邪を引いて数日寝込む羽目になりました…

トレーニングも1回お休みすることになり、ちょっと減っていた体重も逆戻り…

切ない感じの6月です。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

私は、仕方ないので本を読んでいます。
この場合、当然、自転車関係本です。

今回読んだのはこちら。

モデルの日向涼子さんが書かれた本です。

日向涼子さんは、現役のモデルでありながら、数々のヒルクライムレースに出場し、男性顔負けの戦績を残されているというスーパーウーマンです。

「ロードバイク入門」というよりは、どちらかというと日向さんの自伝&ヒルクライム入門に近い感じの内容です。

 

もともとは自転車と全く縁がなかった日向さん。

ところが、モデルの仕事の現場で出会ったヘアメイクさんが自転車で激やせ(半年で10㎏!これはこれでスゴイ)したと聞き、ついクロスバイクを衝動買いしてしまったとのこと。

 

なんだか、始まりは私たちと同じ感じで非常に好感が持てます。

 

その後、クロスバイクにはまり、ちょっとずつ距離を伸ばし、クロスバイクに乗るために早朝早起きをする生活にシフトし、走っているうちにロードバイクがほしくなり…といったことが、赤裸々に書かれています。

普通の方と違うのは、モデルさんなので「自転車乗れるモデルです!お仕事ください!」というような売り込みをしたところ、某自転車雑誌の連載が決まった、というくらいでしょうか。

そこから、ヒルクライムレースを知り、レースにのめりこんでいくところが詳細に書かれています。

 

本自体の文調は、ご本人のキャラなのか、非常に緩い感じです。

新書を読みなれていない方でもスイスイ読めると思います。

パンクの処理などの初心者丸出しのエピソードも満載で、思わず読みながら「ある、ある!」なんてうなずいてしまいました。

 

そして、緩い雰囲気をさらに盛り上げるのが、ご本人直筆のイラストたち。

率直に言って、イラストの出来は微妙です。

Amazonのレビュワーの方の中には気を遣ってか、「ヘタウマ」という表現をされていた方がいましたが、「ヘタウマ」というレベルには達していないと思われます。

ただ、何とも言えない味があるのです。

このイラストたちがなければ、ただの「モデルの自慢話の新書」で終わるところが、御本人の性格がにじみ出た「ヘタウマ」なイラストたちの威力で「ホンワカ自伝系」に昇華しています。

 

現役モデルさんなので、スタイルも抜群!

何か学生時代にガチでスポーツをしていたとか、もともとスポーツ万能を思わせるようなエピソードはなさそうで、職業柄、ピラティスやヨガで体幹はかなり鍛えてあったくらいのスポーツ経験とのこと。

それで、男性に負けず坂を登っていくなんて、すごい!

私も、坂を登りたくなりました。

家の近くにちょうど激坂、ありますしね。

 

ちなみに…

新書版とkindle版が刊行されています。

荷物が重くなるのが嫌なので、私はいつもkindle版で購入し、iPhoneのkindleアプリで読んでいます。

本はやっぱり紙!という方も、電子書籍派の方も、両方楽しめてよいですよね。

 

 

 

-自転車本読書記録

error: Content is protected !!

Copyright© ゆらりんDAYS , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.