ラク家事 家を建てる

【家を建てる】ビルトイン食洗機は、幅60㎝の大型がおススメ!

更新日:

こんにちは!ゆらりんです。

 

低予算で建築家と注文住宅を建てる」が我が家の家づくりのテーマです。

 

基本、シングルマザーかつ低予算なので、あきらめたものもたくさんあります。

その中で、いくつかどうしても欲しくてこだわったものがあります。

 

その一つが、「大型のビルトイン食洗機」です。

  • どうしてそこにこだわったのか~大型ビルトイン食洗機のおススメポイント
  • 実際に取り付けたらどんな感じになるのか

について、記事にまとめました。

 

実際にビルトイン大型食洗機をつけたらこうなった。

まず、「論より証拠」ということで、実際の我が家の写真を見ていただこうと思います。

f:id:nico100project:20180404132446j:plain

品物は、建築家さんと工務店さんのツテで選んでいただいた

AEGのもので、幅60㎝のタイプです。

 

設計時点であらかじめ

「幅60㎝タイプの海外製の食洗機を入れたい」

という強い希望を出しました。

 

このキッチン、実は市販のシステムキッチンではありません。

格安のI型キッチンと造作棚の組み合わせです。

 

食洗機が入るようにキッチンを組んでもらい、
面材も一緒にオーダーしてもらったので、
本当のシステムキッチンみたいにスッキリ見えます。

f:id:nico100project:20180404134147j:plain

 

大型のビルトイン食洗機って、どんなもの?

パナソニックはじめ、国産で非常によく売れている食洗機は、
たいてい幅45㎝です。

こんなタイプの引き出し式食洗機、
キッチンのモデルルームでよく見かけますよね。

国産のシステムキッチンの規格も、
幅45㎝のビルトイン食洗機を入れる仕様になっていることがほとんどです。

これに対し、ミーレAEG・エレクトロラックスなど、
海外製のビルトイン食洗機は幅60㎝というものが結構出回っています。

「海外製」というだけあり、国産の一般的な幅45㎝引き出しタイプと比べ、
お値段は倍以上することが多いです。

工事費も、たぶん国産よりは高額になるのではないかと思います。

ビルトイン大型食洗機の良いところ

では、どうしてわざわざ苦労してお金をかけて、
ビルトイン大型食洗機を入れたのでしょうか?

それは、以前ミーレのビルトイン大型食洗機を入れた住宅に住んだことがあり、
その便利さに感動したからです。

食洗機の良しあしは前提条件によって全く異なる

余談ですが、食洗機というものは、

  • どんな人が使うか
  • 家族の人数
  • 使用する食器

などの前提条件によっても、良しあしが全然違います。

ちなみに、我が家は

  • 3人家族
  • 洗い物は比較的多め
  • 和食が多い→漆器などは手洗い
  • 品数は多め→鍋やフライパンを複数使う
  • 飲み物をたくさん飲む→コーヒーカップやコップ多め
  • 洗い物がキライなので、できれば全てを食洗機で洗いたい
  • 食洗機を回すのは1日1~2回程度。

という環境です。

大きいので、鍋やフライパンがそのまま入れられる

大型のビルトイン食洗機の良いところ、
それは鍋やフライパンがそのまま入れられる点にあります。

今回は、我が家で使用したそのままの写真を撮ってみたのですが、
(洗う前なので汚くてスミマセン…)

下の段には片手鍋をそのまま入れています。

f:id:nico100project:20180404140136j:plain

上の段はこんな感じで、お椀やコップ、小鉢などを入れています。

入れるものによって、真ん中の仕切りは倒すことができます。

ちなみにお椀やお箸は食洗機対応のものです。

f:id:nico100project:20180404140650j:plain

一番上の浅い引き出しには、カトラリーやフライ返し、お玉などが入ります。

f:id:nico100project:20180404140856j:plain

この日はかなりゆったりモノが入っていますが、
鍋やフライパンなどの大物がなければ、
3人家族の1日分の食器くらいは1日で洗えます。

ワーキングマザーや子育て中の主婦の方など、
忙しくてルーチンの家事を少しでも減らしたい方
特におススメします!

 

庫内が大きいので、ちゃんと落ちる

食洗機を使わなくなる理由の一つに

手で洗った方がキレイ(食洗機だと汚れが落ちない)

というのがあると思うのです。

 

その点も、海外製の大型食洗機なら大丈夫。

 

庫内が大きいので、

食器と食器がくっつきすぎて内側が洗えていない…

などといった悲劇が起こりにくい構造になっています。

 

ただし、カレーなどの落ちにくいものや米粒などは、
食洗機にかける前に水でサッと流してから入れています。

 

これだけでも、かなり汚れ落ちが違うように感じています。

 

ランニングコストは卓上の小型食洗機とそれほど変わりない

みなさんご心配されているランニングコストですが、
我が家の場合は、以前の家で使用していた卓上の小型食洗機の時代と
それほど大きく変わりありません。

 

庫内が大きい分、水道代と電気代がかなりかかるのでは…と思っていましたが、我が家の使用条件ではどちらもほとんど変わりませんでした。

 

まとめ;ビルトイン食洗機は家の設計段階から考えよう!

ということで、家を建てるなら、忙しい主婦の皆さんには

幅60㎝のビルトイン大型食洗機

を強くおススメします!

 

これ、設計の早い段階できちんと表明しておかないと、
実現が難しかったり、追加料金を取られる可能性があります。

 

なぜなら

  • キッチン自体のサイズ
  • システムキッチンの仕様

に大きくかかわる部分なので、
設計がほとんど固まったあとだと変更することが難しいからです。

 

ゆらりん
ちょっと初期費用は高くなるかもしれませんが、 その価値は十分にありますよ!

 

★ちなみに食洗機の洗剤は、緑の魔女シリーズを愛用しています。
日本製の洗剤と汚れ落ちはそれほど変わりないのに、
環境にとてもやさしいです。

-ラク家事, 家を建てる
-, ,

error: Content is protected !!

Copyright© ゆらりんDAYS , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.