ゆらりんDAYS

シングルマザーのゆらりんです。ゆるっとした日常を送るための、努力の軌跡です。

大人初心者の弓道教室体験記②~④

【PR】

こんにちは!ゆらりんです。

 

思いつきで始まった「大人初心者の弓道教室」、順調に回数を重ねています。

 

弓道教室②

スミマセン<(_ _)>

ついつい、日ハム最終戦を観に行ってしまい、欠席しました~。

 

 

その代わり、前回①終わりに先生から勧められたとおり、足袋を購入しました。

靴下だと、どうしても足元が滑りやすく、足の位置が決まりにくいため、上達に時間がかかるとのことです。

 

「足袋って値段高いんじゃないの~?」と思っていましたが、色々調べると、学生用と銘打ってはありますが、非常にお安い足袋を見つけました!

この値段なら、即ポチです。

 

 

弓道教室③ 素引き

この日は前回同様、ゴム弓を引く練習を少し。

 

その後、実際に弓をお借りし、弦を張った状態で射法八節を行います(素引き)。

 

ゴム弓と異なり、体幹をキレイに保たないとバランスが崩れ、キレイな格好で弦を引くことができません。

 

足元もしっかり決まらないと、うまく形を作ることができません。

足袋買っておいてよかった~」とちょっと思いました…

 

 

弓道教室④ 素引き→巻藁

この日は最初に数回ゴム弓を引いて形を確認した後、すぐに素引きへ

素引きができている人から、いよいよ実際の弓をつがえて巻藁へ射る練習です!

f:id:nico100project:20171016165038j:plain

いよいよ弓道っぽくなってきましたよ~。

 

巻藁に向かう前に、まずは弽(カケ)をはめて、矢をつがえる練習です。

 

カケとは、こんな感じ↓

 右手にはめて手を守る、手袋のようなものです。

今回は、親指、人差し指、中指の3本にはめる、3本かけをお借りしました。

革でできており、矢をつがえたり射たりするときに、手に傷がつかないようになっています。

 

※弓道は、用語が難しいのが難点ですよね…

弽なんて、振り仮名がないと、まず読めません。

 

カケをはめて何度か軽く素引きをしたのち、矢をつがえる練習を入念に行います。

そしてはじめて、巻藁の前に立たせていただけました。

 

最初は、少しずつ弦を引いて、矢を放ちます。

矢を放つときには、必ず先生の監督下で行うこと!というのが決まりです。

 

矢が自分の手から離れて飛んでいく。気持ちいい!

 

教室は2時間ですが、休憩時間を忘れて引き続けました。

(本当は、適度に休憩をとる方が集中が続くので望ましいとのことです…汗)

 

 いや~、楽しかった!

 

終わりに~宿題:射法八節の暗記

礼を終わり、気分良く帰ろう♪ と思った私に、先生の一言。

 

 

「じゃあ、ゆらりんさん。次回までに、コレ、覚えてきてね。」

 

コレ=初回にいただいたプリントの後ろ半分(射法八節の解説)

 

へ?
先生、ずいぶん気軽に宿題を出されるのですね…

 

まとめ

弓道教室④では、巻藁に立たせていただきました!

楽しい!

 

ということで、次回までに射法八節を暗記する必要に迫られるゆらりんでした… 続く。