ゆらりんDAYS

シングルマザーのゆらりんです。ゆるっとした日常を送るための、努力の軌跡です。

オープンキャンパスではここを見ろ!保護者のためのチェックポイント3つ

【PR】

こんばんは。ゆらりんです。

今回は、オープンキャンパス3部作の最終回、「保護者がみておいた方がいいポイント」をお送りします。

 

 

1 模擬講義

大学によっては、模擬講義が行われます。

 

  • 保護者が高校生と一緒に講義を聴ける大学
  • 講義は聴けるが、保護者は別室で中継を見るだけ
  • 保護者には公開されていない

 

この3パターンがありましたが、講義を聴くチャンスがあれば、たとえ中継でも聴いておくことをおススメします。

 

講義のレベルは高校生に合わせてあるので、専門的な話は少なく、専門外の親が聞いても面白い内容になっています。

もちろん面白くない講義もありましたが、いくつかの大学で同じ学部の講義を聴いていると、自ずから大学のレベルがわかってきます。

 

 

個人的な感想を述べると、講義の面白さは偏差値に比例します

正直、サッパリ面白くない大学もありました。

 

一橋大学の講義は非常に面白く、完全理系の私が、ついつい経済学の本を購入してしまったほどです。

 

f:id:nico100project:20170909173307j:plain

 

この本は、一橋大学経済学部の教員の皆さまが書かれた、経済学の入門書です。

一橋大学の学生生協で販売しています。

 

学問としての「経済学」と実際の生活の結びつき、
もっというと「経済学という学問は、世の中にどう役に立っているか?
ということをわかりやすく記した本です。

 

私のように、

子どもは経済学部を志望してるけど、「経済学ってナニ?それ美味しいの?」的な保護者

の方に大変おススメです。

 

2 最寄りの駅や街の様子

オープンキャンパスに行くときは、ぜひ公共交通機関で行きましょう。

入学後の通学の感じや大学構内までの街の雰囲気がわかります。

 

女子だと一人暮らしをさせるときに心配な、街の治安などもチェックできますよ。

 

この大学に入ったら、どういう学生生活を送るのか?

というのがリアルにイメージできて、志望校を決めるときの参考になります。

 

 

3 在校生や周りの受験生、保護者の様子

最後に、大学の設備や構内などのハコモノではなく、」を見ることをおススメします。

 

いくつか大学を回ってみて初めて気がついたのですが、同じ学部を見て歩いても、大学によって驚くほど雰囲気が違います。

 

また、大学によって、受験生や保護者の雰囲気も全然異なります。

 

何となく、「水が合う」というのは、楽しく充実した大学生活を送るうえでは結構重要なファクターだと思いますので、慣れないオープンキャンパスに舞い上がらず、周りの雰囲気を冷静に観察しておくのも親の役目かな、と思います。

 

まとめ

オープンキャンパスに行ったら、保護者としてチェックしておきたいポイント3つについて説明しました。

 

  1.  模擬講義
  2.  最寄りの駅や街の様子
  3.  在校生や周りの受験生、保護者の様子

良かったら、参考にしてみてくださいね~。